皮を使った「夏みかんピール」がおすすめ!作り方や保存方法について

夏みかんピール レシピ

夏は美味しい果物がたくさん旬を迎えます。真っ先に思い浮かぶのはやっぱり【夏みかん】ではないでしょうか。そのまま食べてももちろん美味しいですが、皮を使った「夏みかんピール」もおすすめです。

ほんのりと感じる苦味が大人な味。お家でも簡単に作ることが出来るので、おやつにいかがでしょうか?

スポンサーリンク

夏みかんピールの作り方とレシピ情報

夏みかんピール レシピ
画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/525936062720259470/
【材料】

  • 夏みかん 3個
  • 砂糖 400g
  • 水 1カップ

【作り方】

  1. 夏みかんの皮を2~3mm幅の細切りにします。苦味が苦手な人は白い部分を取り除いてくださいね。
  2. 切った皮は3分茹でてザルに上げます。この作業を3回ほど繰り返します。
  3. 茹でこぼしたら冷水に漬けてそのまま3~4時間浸してアク抜きします。
  4. 水を切ったらら鍋に入れて砂糖(半分量)と水を加え、とろみが付くまで弱火で煮る。
  5. 煮汁が減ってきたらそのまま水分を飛ばし、残りの砂糖を全体にまぶすように加えます。
  6. クッキングシートに並べて冷ませば完成です。

乾かない場合や作り方の注意点

夏みかんピール 注意点
画像引用元:https://blog.goo.ne.jp/sachiko63714/e/0d4f014b7a9d0eb43140dc3683e76063
シンプルな材料で作るピールですが、中には乾かずにベタベタになってしまうというケースもよく耳にします。

これは砂糖の量が少ないことと、煮詰める時間が短いことが原因と考えられます。特に煮詰め時間は思っているよりも長く掛かります。

少し不安になるかもしれませんが、煮詰めていくと結晶化していきます。それまでは焦げないよう注意しながら混ぜ続けてください。

結晶化したら重ならないようにクッキングシートに並べましょう。

スポンサーリンク

夏みかんの栄養について

皮というと苦くて苦手という人も多いのではないでしょうか。ですが実は栄養がたっぷりなのでぜひ捨てずに食べて欲しいですね。

特に皮に含まれる【ペクチン】には、コレステロールを下げる効果があるそうです。

また食物繊維の一種なので腸内環境を整える効果もあります。便秘でお悩みの方にもおすすめです。

長期間保存するための方法は?

ジャム ピール
画像引用元:https://twitter.com/hashtag/夏みかんピール
煮沸消毒したビンに入れて保存すると長期間楽しめます。この場合、冷蔵庫に入れてくださいね。湿気があると砂糖が溶けてベタベタになってしまいます。

またたくさん入れすぎるよりも、小分けにしておく方がいいですよ。

日持ちや賞味期限はいつまで?

ビンに入れて冷蔵庫で保存すれば半年は大丈夫ですが、あまりに長いとカビが生えることもありますので注意してください。

もし食べきれないようであれば冷凍しておくことをおすすめします。冷凍保存なら約1年は持ちます。

まとめ

夏みかんピールはあの苦味が美味しいですよね。個人的には乾燥させる際に、溶かしたチョコレートを半分ほど付けてから乾燥させて2つの味を楽しむのが大好きです。

コーヒーにもよく合う夏のおやつ。手作りを楽しむのもいいですよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする