ジャムの賞味期限は? 開封後と未開封の場合

ジャム

ジャムの賞味期限で注意することは、開封しているか未開封かで状況が違ってきます。
2ヶ月以上も未開封でこれから使う場合は、開封して中身をしっかりと確認する必要があります。

スポンサーリンク

ジャムの賞味期限は?確認方法

ジャム

まずカビが生えているかどうかをジャム内をかき回すようにしてチェックします。

カビの色は白くなっていたり、黄色くなっていたりと色も変化していることがあります。
あとは、匂いを嗅いで腐ったような匂いとか特有の匂いがあるかどうかを調べます。見た目も色がいつもよりおかしいと感じるかどうかなど見て嗅いで判断するのが良いです。

ジャムを開封後と未開封の場合の違い

ジャム

賞味期限と混同されやすいのが消費期限であり、一般的には賞味期限よりも消費期限が短くなっています。

消費期限が過ぎたものの味が落ちてないような時に食べられるのが賞味期限内です。すでに開封していてしばらく使っていない場合は特に注意を要します。

開封した以上は空気中に触れてしまうのでカビとかいろんな異物が入りやすいことがあります。念の為に味見して大丈夫かどうかを判断すると安心です。

ジャムにかぎらず、作られたものをできるだけ早めに使うようにするのが健康のために大切です。開封したら定期的に商品が大丈夫かどうかを点検して家族全員が安心して食べることががん予防など健康につながります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加