ジャムの賞味期限は? 開封後と未開封の場合

ジャム

ジャムの賞味期限で注意することは、開封しているか未開封かで状況が違ってきます。2ヶ月以上も未開封でこれから使う場合は、開封して中身をしっかりと確認する必要があります。

スポンサーリンク

ジャムの賞味期限は?確認方法

ジャム

まずカビが生えているかどうかをジャム内をかき回すようにしてチェックします。カビの色は白くなっていたり、黄色くなっていたりと色も変化していることがあります。

あとは、匂いを嗅いで腐ったような匂いとか特有の匂いがあるかどうかを調べます。見た目も色がいつもよりおかしいと感じるかどうかなど見て嗅いで判断するのが良いです。

ジャムを開封後と未開封の場合の違い

ジャム

賞味期限と混同されやすいのが消費期限であり、一般的には賞味期限よりも消費期限が短くなっています。消費期限が過ぎたものの味が落ちてないような時に食べられるのが賞味期限内です。すでに開封していてしばらく使っていない場合は特に注意を要します。

開封した以上は空気中に触れてしまうのでカビとかいろんな異物が入りやすいことがあります。念の為に味見して大丈夫かどうかを判断すると安心です。

ジャムにかぎらず、作られたものをできるだけ早めに使うようにするのが健康のために大切です。開封したら定期的に商品が大丈夫かどうかを点検して家族全員が安心して食べることががん予防など健康につながります。

未開封の賞味期限切れのジャムについて

未開封のジャム

ついつい色々な種類のジャムを買ったものの、賞味期限内に消費しきれないジャムって結構残っていたりしますよね。しかも中には未開封の賞味期限切れジャムもあったりしませんか?でも、安心してください。未開封ならまだ食べられるかも?

まず見た目のチェックをしてみましょう!カビは生えていませんか?開けた時の匂いも大丈夫ですか?この点をクリアすれば、大丈夫!多分美味しく頂けます。

未開封のジャムの消費方法として、お料理に使うのをオススメします。肉料理などで砂糖を使うレシピの砂糖をジャムに変えたりするとフルーティーな香りで食欲もそそるお洒落な一品が出来上がりますよ♪

またスイーツづくりにもオススメです。パウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子系のスイーツにジャムを混ぜて焼くとまた風味や香りがかわりいつものレシピから一段上な感じがするスイーツになりますよ♪

ジャムを大量消費出来るレシピ3選

賞味期限切れのカビなど生えていないジャムの救出レシピはこちら♪

◇お好みジャムのパウンドケーキ

ジャムのパウンドケーキ

お好みのジャムや家で余っていたジャムを使用してつくる23センチ×10センチ×7センチサイズのパウンドケーキです♪

<材料>
・お手軽なパンケーキミックス 240g
・無塩バターかマーガリン 100g
・砂糖 50g
・全卵 2個
・お好みのジャム 100g

<作り方>
(1)最初にバターを常温に戻しておき、オーブンは予熱170℃に温めておきます。作業前に型に紙を敷いておきましょう。

(2)バターに砂糖を加えますが、砂糖がバターとよく混ざるように、ゴマをするように擦り混ぜます。

(3)よく混ざったら、玉子を1/4~1/3を少量ずつ加えていきます。ゆっくりと擦り混ぜて繰り返しバターと卵を擦り混ぜます。ここで好みのジャムを加えます。うちにある残ったジャムでもOKです♪

(4)ジャムを混ぜたら、パンケーキミックス粉を一気に加えます。そして、全体的にざっくりと混ぜ合わせ、粉っぽさがなくなってきたらOKです。

(5)生地ができたら、あらかじめ紙を敷いておいた型へ流しいれていきます。平らになるようにならして、中央部分はへこませるように切れ込みを包丁などでいれておくとよいです。

(6)型へ生地を流し終わったら、オーブンへ♪予熱をいれておいたオーブンで40分焼きます。途中、焦げ付きそうになったら、アルミ箔を上から被せて焼きましょう。

(7)焼きあがったら、オーブンから取り出して、粗熱を取り、パウンドケーキについている紙をはがし、切り分けていただきましょう♪

◇サクサクジャムクッキー

ジャムのクッキー

卵を使わない!ジャムを使って自然な甘さで仕上げたサクサククッキーのレシピです。

<材料>
・薄力粉 160g
・強力粉 50g
・バター 100g
・お好みのジャム 80g
・砂糖はお好みで(大さじ2~4がおすすめ)
・レモン汁 大さじ1

<作り方>
(1)最初にバターを常温でやわらかくしますが、レンジで軽く温め柔らかくしてもOKです。ただし、溶かさないように気を付けてくださいね。オーブンは予熱170℃に温めておきましょう。

(2)柔らかくしたバターにジャムを加えます。レモン汁も入れたら、泡だて器でよく混ぜ合わせます。甘味が足りないと感じたら、お好みで砂糖も加えて、さらに混ぜ合わせて下さいね。

(3)バターとジャムを混ぜ合わせたものに、薄力粉、強力粉を合わせてふるったものをいれます。入れたらヘラで素早く混ぜ合わせ、ある程度粉がまざったら、手を使ってふんわり捏ねて、混ぜながらひとまとめにします。

(4)ひとまとめにした生地を大まかに2等分して、それぞれ一つずつ棒状にし、ラップでくるみます。

(5)しっかりとくるんだら冷蔵庫で約30分から1時間ほど冷やします。急いでいる場合には、冷凍庫で約10分から15分冷やすといいですよ。

※すぐに焼く予定がないときは、そのまま冷凍保存もできます。冷凍した生地を焼く場合は1時間ほど冷蔵庫内で解凍してから、包丁で切れるくらいの柔らかさにしてから焼いてくださいね。

(6)すぐに焼く場合は、余熱を170℃にしていたオーブンに生地を5mmほどの厚さに切り、オーブンペーパーを敷いた天板に並べ、温度170℃、焼き時間は12分で焼いていきます。

(7)クッキーの周りがほんのりといい感じに焼き色が付き、裏側が焼けたら出来上がりです♪焼きあがったクッキーは網の上などに広げ、粗熱を取るとサックリ感がより感じられますよ。

◇ふわふわジャムシフォンケーキ

ジャムのシフォンケーキ

優しい香りが嬉しいジャムをたっぷり使ったシフォンケーキのレシピです。

<材料>
・卵 4個
・砂糖 50g(20gと30gの2つに分ける)
・お好みのジャム 100g
・バニラオイル 数滴
・牛乳 50ml
・サラダ油 50ml
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 5g
・塩 少し

<作り方>
(1)下準備として、卵を卵黄と卵白に分けます。卵白は冷蔵庫へ入れて冷やしておきます。薄力粉とベーキングパウダーを合わせておき、だまをなくすようにふるっておきます。

(2)ボールに卵黄全部と20gの砂糖、イチゴジャムを入れて泡だて器でよく混ぜ合わせておきます。続けて、牛乳とサラダ油を加えて、またしっかりと混ぜ合わせます。よく混ぜ合わせたらそこへふるっておいた粉類をだまにならないように数回に分けて混ぜ合わせます。

(3)卵白でメレンゲを作ります。冷蔵庫で冷やしておいた卵白に塩を加えて、ハンドミキサーで泡立つくらい混ぜ合わせたら、30gの砂糖半分入れ、泡立てます。卵白がフワフワになったら、残りの砂糖を全て入れ角がしっかりと立つくらいまで泡立てます。

(4)ここでオーブンに170℃で予熱を入れます。

(5)卵黄を混ぜ合わせておいた生地の中へ、しっかりと泡立てたメレンゲを3回に分けてヘラで泡を潰さないように底からすくうように混ぜ合わせます。泡を潰さないようにさっくりと混ぜ合わせましょう。

(6)混ざったら型に生地を流しいれます。入れ終わったら型を数回2センチほどの高さから落として、生地の中から空気を抜きます。

(7)空気を抜いたら、あらかじめ予熱していたオーブンへ入れて30分~35分程度焼きます。

(8)焼きあがり次第、すぐに一度10センチほどの高さから落とし、焼き縮みを防ぎます。逆さにしたコップやビンなどの上に型ごとに逆さまにして冷まします。冷めたら型から外して出来上がりです♪

ジャム 大量消費

どれもジャムを大量消費出来て美味しいレシピです。アレンジもジャムの種類で広がりそうですね♪お好きなジャムでも、冷蔵庫で眠っているジャムでもお好みでぜひ作ってみてください♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする