桃ジャムの作り方や栄養効果を紹介!妊婦さんにもオススメ

桃のジャム

今の時期は美味しい桃が店頭に並んでいて、その甘い香りについつい買ってしまいます。瑞々しくて甘い桃は本当に美味しいですよね。何だかほっこりと幸せな気分になっちゃいます♪

ですが桃は見た目で甘さを判断するのが難しく、かつ追熟しない果物なので甘くない桃に出会ってしまうことも…。

そんな時はジャムにしてみましょう♪とっても美味しいですよ。

スポンサーリンク

桃の栄養や効果について

桃の効果

そもそも桃ってどんな栄養があるのかご存知でしょうか?意外と知られていない桃パワーについてまずは見ていきましょう!

《整腸作用》
桃にはペクチンという成分が含まれているのですが、このペクチンには便秘や下痢を予防する効果があります。というのもペクチンは食物繊維の一種で、腸内にいる乳酸菌を増やしてくれるんですよ。またコレステロール値を下げる作用もあるので血糖値の上昇抑制にも効果的です。

《むくみ予防》
桃に含まれるカリウムが体内にある余分は水分を排出してくれるので、むくみ予防に効果的です。他にも高血圧予防や筋肉収縮の正常化などにも効果的です。

《アンチエイジングやがん予防》
なんと桃にはカテキンが含まれています。カテキンというと緑茶のイメージなのでちょっと意外ですね。カテキンは抗酸化作用に非常に優れていて老化防止といったアンチエイジングや抗がん作用、免疫力のアップに非常に効果的です。

《貧血予防》
桃に含まれるミネラルの中には鉄分やマグネシウムも含まれます。これらは貧血予防に効果的です。他にも血流が良くなるので冷え性の改善にも効果があります。桃は他のフルーツに比べて体を温める作用が高いんだとか!

桃の種

画像引用元:https://ameblo.jp/ryourinou/entry-12255130253.html

実は桃の種にも驚きの効果があるんですよ。桃の種というのは古くより生薬として使われてきました。栄養が豊富でさまざまな効果・効能があります。よって漢方薬に今でも使用されています。

中でも女性ホルモンの乱れを整える効果があり、生理不順にも効果的です。生理痛の改善にも期待出来そうですね。

桃の簡単なむき方は?

桃は大変デリケートなフルーツで、ちょっとした圧力でもすぐに傷んでしまいます。そして果肉も柔らかいので皮を剥くのが苦手という人も多いのではないでしょうか。でも実はとても簡単にするっと剥ける方法があるんですよ♪ぜひ参考にしてみてください。

《するっと剥ける!桃の皮剥き》
【動画】

  1. まず割れ目に沿って包丁で切り込みを入れましょう。包丁は種までグサッと!
  2. 種に包丁が当たっている状態で一周切り込みを入れていきます。
  3. 切り込みが入ったら手でねじります。すると簡単に2つに分かれます。この時両手で優しく包みビンの蓋を開けるイメージでひねります。
  4. スプーンで種をすくいましょう。くり抜くようにするとすぐ取れます。
  5. 端っこから皮をゆっくり剥がしましょう。引っ張ると簡単に皮を剥くことが出来ますよ。カットしてから皮を剥いてもOK!

レモン水の効果

桃は皮を剥いたあと、すぐに食べないと黒くなってしまいます。味も落ちてしまいますよね。すぐに食べれないときはレモン水にくぐらせてあげれば黒くなることを防げますよ。

ですがやはり鮮度が命ですので皮を剥いたらすぐに食べることをおすすめします。

桃ジャムの作り方はコチラ

桃ジャムの作り方

画像引用元:https://cookpad.com/recipe/2724154

桃のジャムは切って煮詰めるだけなのでとっても簡単ですよ♪たくさん手に入ったときやあまり甘みが少ない桃などで作るといいですね。

【材料】

  • 桃(果肉) 1Kg
  • 砂糖 果肉の30~50%(300g~500g)
  • レモン果汁 適量

【作り方】

  1. 桃の皮を剥いて小さく刻みます。
  2. 鍋に桃を入れ、上から砂糖を加えて混ぜたらそのまま1~2時間寝かせます。
  3. 鍋を火にて加熱します。あくが出てきたら弱火にして丁寧にあくを取り除いていきましょう。レモン汁も加えます。
  4. 焦げないようにしっかり混ぜながら煮詰めていきます。(30分ほど)
  5. ちょっと緩いかな?と思う状態で火を止めて煮沸したビンに注ぎます。この時ジャムは熱々のままです。
  6. 蓋をして再度煮沸したら完成です。

ジャムは冷めると硬くなるので、ちょっとシャバシャバかも…という状態で火を止めればトロッとした出来上がりになりますよ。

パンに塗ったり、ヨーグルトにトッピングしたりと色々楽しめます。

妊娠中にも桃がおすすめ!理由は?

妊娠中 桃

桃の栄養効果は先ほどご紹介しましたが、実は妊婦さんにも積極的に食べて欲しいフルーツでもあるんですよ。

桃はカロリーが低く、糖尿病予防にもなります。妊娠中というのは糖尿病になりやすいとされ、糖分には気をつけないといけないんです。

本来フルーツには果糖がたくさん含まれるので、妊娠中は控えるように言われますが、桃は他のフルーツと違って糖尿病に効果的と証明されているので安心して食べることが出来ます。なにより血糖値を下げるんですからね♪

桃 便秘解消

他にも妊娠中は便秘になることが多いといいます。桃にはペクチンが含まれるので便秘の解消、予防にはもってこいですね。

他にも美肌効果やや内蔵機能の向上に効果を発揮します。抗酸化作用も高いので免疫力がアップし、風邪予防にもなりますね。またカリウムが豊富なので妊娠中のむくみ解消にも効果があります。

とはいえ食べすぎは禁物です。1日2個までにしましょう。3個以上となるとカロリーオーバーになりますよ。また出来るだけ朝に食べるとより効果的です。

桃ジャム 食べ方

桃ってこんなに栄養があったんですね!女性ホルモンに作用するとのことなので、女性には積極的に食べて欲しいですね。

またジャムにしておけば長期保存出来るので長く楽しむことが出来ますよ。生の桃は早く食べないと腐ってしまいますので食べきれない時はジャムにしちゃいましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする