かぼちゃジャムの作り方&レシピ紹介!旬はいつ頃?

かぼちゃジャム レシピ

カボチャは色々な調理方法がありますが、今回はジャムにする方法をご紹介します!ジャムにすることによって、使い勝手がよくなるのでオススメですよ♪

スポンサーリンク

かぼちゃジャムの材料や作り方は?

かぼちゃジャム 材料

《材料》
カボチャ…200g
水…100cc
ハチミツ…約45g

《作り方》
①カボチャは皮を剥いて、小さめに切ってから電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。

②柔らかくなったカボチャを裏ごしします。
この作業は省略しても良いですが、裏ごしをした方が、滑らかな仕上がりになります。

③鍋に裏ごししたカボチャと、水とハチミツを入れて火にかけます。焦げないように混ぜながら煮詰めて下さい。

④程よい固さになったら、塩をひとつまみ加えて更に少し煮詰めます。

⑤粗熱をとって瓶に詰めたら出来上がりです。

カボチャの皮も、そのまま使う人もいるようです。甘さもお好みで変えてみて下さい。ハチミツが苦手な人は、砂糖とレモン汁でも美味しいカボチャジャムが出来ますよ♪こちらもぜひ試してみてくださいね♪

アレンジレシピや人気の食べ方は?

カボチャジャムは、パンやクラッカーにそのままつけて食べても美味しいジャムです♪そのままでもモチロン良いのですが、アレンジレシピもあるので、参考にしてみて下さい♪

カボチャアイス 口コミ

【カボチャアイス】
《材料》
・ヨーグルト…150g
・カボチャジャム …60~70g

《作り方》
①ボウルにヨーグルトとカボチャジャムを入れてよく混ぜます。

②容器に移して冷凍庫に入れ、1時間後に1度取り出して混ぜてから、再度、冷凍庫に入れます。

③4~5時間冷やし固めたら完成です。

カボチャジャムとチョコシロップのおやつサンド

【カボチャジャムとチョコシロップのおやつサンド】
《材料》
・サンドイッチパン
・カボチャジャム
・チョコシロップ

《作り方》
パンにカボチャジャムとチョコシロップをサンドして、切り分けたら完成です★カボチャジャムとチョコシロップは意外と相性が良いのです!

かぼちゃプリン 作り方

【かぼちゃプリン】
《材料》
・水…200㏄
・粉寒天…4g
・自家製カボチャジャム…400g
・砂糖…20g~
・豆乳(牛乳)…200㏄

《作り方》
①水と粉寒天を鍋に入れてよく混ぜてから火にかけます。沸騰したら2分程混ぜながら煮立たせます。

②火を止めてから、カボチャジャムと砂糖と豆乳(牛乳)を加えてよく混ぜます。

③お好みのカップに入れて粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成です。

カボチャの旬や保存方法は?

カボチャの旬

カボチャは冬至に食べる習慣がありますが、旬は品種によっても多少異なりますが、6月から9月の夏野菜になります。しかし、保存性がとても高いので、とっても重宝する野菜です♪では、その保存方法を紹介します。

●まるごととカットした物の保存方法
まるごと置いておく場合はとても保存性が高いので、涼しくて風通しの良いところに置いておくだけで、なんと!2カ月くらいは保存が可能です!まるごと買って、カボチャジャムがたくさん作れますね!

カットした物は、ワタの部分から傷み始めるので、あらかじめスプーンなどでワタと種を掻きとってからラップなどで空気がなるべく入らない様にピッタリと包んで冷蔵庫に入れておけば、1週間くらい保存可能ですよ♪

●冷凍保存
カボチャは冷凍保存も出来ます!冷凍する場合もやはり、種とワタを取り除いてから、煮物用なら面取りまで。味噌汁やポタージュなど汁物用などであれば適度な厚さにスライスして用途別にカットしてからバットなどに並べて冷凍します。そして、凍ったら保存袋やタッパータッパーなどに移して冷凍しておけば大丈夫です。

使う時は、解凍せず凍ったまま調理して下さい。解凍すると水分が流れ出してしまい、煮崩れもしやすくなってしまいます。ですから、用途別に切っておく必要があるのです。

煮物の場合は、沸騰してから入れます。冷凍する事によってカボチャの組織は既に崩れているので、煮崩れを防いで、かぼちゃから水分が出てべチャッとした仕上がりにならないようにするためには重要な事なので注意して下さい。

カボチャのレシピ

カボチャはとても栄養価が高いので、朝食やおやつで摂取出来ると嬉しい食材です。ジャムにすることで、手軽に摂取出来るので、毎朝、パンを食べる方などは、是非ジャムを作ってみて少しでも栄養価を上げて1日をスタートさせて下さい♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加