イチジクジャムの作り方やレシピはここ!品種の選び方は?

いちじくジャム レシピ

イチジクを食べた事がありますか?イチジクには、食物繊維が豊富だったり、鉄分が多かったり、女性ホルモンのバランスを整えてくれたりなど、特に女性には嬉しい成分がたくさん含まれています。かと言って、そんなに大量に食べるものではないし、イチジクの旬の時期にしか食べられないのは勿体ない!ということで、今回は、イチジクのジャムを紹介します♪

スポンサーリンク

イチジクジャムの作り方は?

イチジクジャムの作り方

<材料(びん2~3個人分)>
・いちじく…500g
・グラニュー糖…200g
・レモン汁…大さじ3
・水…50cc

<作り方>
①いちじくは、皮をむいてざく切りにして鍋に入れ、レモン汁と水も加えて中火にかけて混ぜながら煮る。

②とろりとしてきたら、砂糖の半量を加えてさらに7~8分煮る。

③残りの砂糖を加えてさらに2~3分煮たら火を止めて、煮沸消毒したびんに詰めます。

<おいしくなるコツ>
煮るときは鍋底が焦げ付きやすいので火加減に気をつけながら鍋底からゆっくり混ぜましょう。甘さはお好みで調整してくださいね。パンにつけたりヨーグルトにかけるととてもおいしいですよ♪

おすすめの食べ方やレシピはここ

ポークソテーのイチジクソース

【ポークソテーのイチジクソース】
《材料》(5~6人分)
・イチジクジャム…60g
・醤油…大さじ2
・酢…大さじ1

ポークソテーを作ったフライパンに、材料を全て入れて、1分ほど煮詰めれば出来上がりです。ポークソテー以外のお肉料理でも代用可能ですよ♪

イチジクジャムパウンドケーキ

【イチジクジャムパウンドケーキ】
《材料》
・ホットケーキミックス…300g
・卵…2個
・バター…50g
・砂糖…50g
・イチジクジャム…60g
・牛乳…100g

《作り方》
①バターをレンジで溶かします。

②オーブンを180℃に余熱しておきます。(レンジとオーブンが別にある方は、余熱が先でも良いですよ♪)

③イチジクジャム以外の材料を全て入れてよく混ぜ合わせます。

④よく混ぜた生地にジャムを加えて更によく混ぜてます。

⑤ジャムも混ざったら、クッキングシートを敷いた型に生地を流し込みます。

⑥余熱していたオーブン180℃で約30分焼きます。竹串を刺して、生地がついてこなければ出来上がりです。

材料を混ぜて、型に入れて、余熱したオーブンで焼くだけの3ステップ簡単レシピです♪更に紅茶の中にイチジクジャムを入れたり、コーヒーに入れてみたりしても良いですよね♪

イチジクジャムの海老マヨ

【イチジクジャムの海老マヨ】
イチジクジャムと海老マヨは実は、とっても合うんです♪味付けは、イチジクジャムとマヨネーズと塩・こしょうだけ!普通の海老マヨに飽きたら、こちらを試してみて下さい♪

品種の特徴や選び方について

イチジクの品種

イチジクと言っても、品種は様々なのです。もちろん、どんなイチジクでもジャムは作れますが、ジャム作りやシャーベット、ケーキなどに最適とされている品種があるので、一応紹介しておきます。

甘味が最も強いイチジクが、【セレスト】と【バローネ】という品種です。そして、この2つより少し甘味が弱いながらも、甘いお菓子には最適に使える品種が、【ビオレドーフィン】【ザ・キング】【アーチペル】【ヌアール・カロン】【ホワイト・プロリフィック】という品種です。

もし、「本格的にこの品種で作ってみたい!」と思った方は、是非、参考にしてみて下さい♪

イチジクの効果

イチジクには、タンパク質分解酵素も含まれているので、胃もたれの予防や改善する働きもあるので、食後のデザートにオススメです★これを考えると、胃もたれしそうなお肉料理のイチジクソースも良いかもしれませんね♪他にも消化酵素も含まれているので、消化促進にもなるようです。

そして、イチジクは、近年、ガンの抑制などの効果も期待されているスーパーフードです★是非、イチジクパワーで楽しい毎日を過ごして下さい♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする