栗ジャムの作り方やレシピは?カロリーは高いの?

栗ジャムの作り方

秋の味覚の1つである【栗】。秋になれば、たくさん栗が手に入ると思いますが、栗ご飯にしたり、渋皮煮にしたり、マロングラッセにしてみたりと色んな調理方法がありますが、栗をジャムにしてみてはいかがでしょうか★

スポンサーリンク

栗ジャムの作り方やレシピは?

栗の食べ方

《材料》
・栗・・・1Kg
・水・・・栗を裏ごしした量の1/4
・きび砂糖(三温糖でも良い)・・・栗を裏ごしした量の1/2
・ラム酒・・・適量
・バニラエッセンス(なければ良い)・・・適量

※例えば、裏ごし後の栗500gの場合
・水(125g)
・きび砂糖(250g )
ラム酒は、裏ごしした栗500gに対して大さじ1を目安に計算して下さい。甘さは、お好みで調節して下さいね★

《作り方》
①栗を洗い、栗が鍋に充分浸かるように水を入れます。強火にかけて沸騰したら中火より少し弱い火で1時間茹でます。そして、ザルにあげ、粗熱を取ります。

②茹で栗を包丁で半分に切り、スプーンで実を取り出します。

③栗の実を裏ごしします。

④鍋に、きび砂糖と水を入れて火にかけ、砂糖を溶かします。きび砂糖の場合は、灰汁が出るので、必ず灰汁をすくい取って下さい。

⑤砂糖を溶かした鍋に裏ごしした栗を入れます。中火で、焦げないように木ベラや、耐熱性のヘラで練りながら混ぜます。

⑥重みを感じるくらいにネットリとしてきたら火を止めて、ラム酒・バニラエッセンスを加えます。冷めると、少し硬くなるので、お好みの硬さの少し手前で止めて下さいね★

⑦今度は弱火にかけ、1分間全体を馴染ませるように混ぜたら火を止めて出来上がりです♪

※保存する場合は、煮沸消毒して乾燥させた綺麗なビンとフタを使用し、冷蔵庫で保存します。また、小分けにしてラップに包み、冷凍保存パックに入れて冷凍庫で保存すると約1か月保存可能になります。

おすすめの食べ方はコチラ

栗ジャムの材料

栗ジャムにホイップした生クリームを混ぜると、【モンブラン】になります。カステラに乗せたり、ホットケーキに乗せたりすると美味しそうですよね♪子どもに一番人気なのは、やはり、ホイップクリームと混ぜるモンブランらしいです♪

また、栗ジャムにふかし芋を混ぜて四角に整えて焼けば【金つば】になるそうです。硬めの栗ジャムで成形が可能可能だったら、ふかし芋を混ぜなくても大丈夫です★

ホットケーキのタネに醤油をたらして焼いたら【どら焼き】になるので、栗ジャムを挟んで食べても美味しいようですよ♪パイシートに包んで焼いて食べるのも人気があるみたいなので、ぜひやってみてくださいね♪

栗ジャムのカロリーは高いの?

栗のレシピ

栗ジャムのカロリーは10gで27kcalです。他のイチゴジャムや、あんずジャムなども同じくらいのカロリーなので、栗ジャムだけが特別カロリーが高いとは言えないと思います♪

何でも、量が増えるとカロリーは増えるので、適量なら気にしなくても良いと思いますよ♪

ジャムの保存

栗ジャムがあると、栗のお料理のレパートリーが増えますね♪しかも、冷凍保存が可能ということなので、冷凍しておいて、お客さんが来る前日に解凍しておけば、カップケーキなどの上に、絞り袋で栗ジャムを絞ってティータイムの素敵なお菓子になりますよね★

甘くないと「どう使えば良いの?」となるようなので、少し甘めに作っておくことをオススメします★甘めだと、パンに塗るだけでも、朝から美味しい秋の味覚を堪能出来る贅沢な朝食になりますもんね♪

秋になったら是非、毎年、栗ジャムを作り置きしておきたいですね♪食欲の秋…風味豊かな食材が集まる時期です♪思い切り秋の味覚を堪能して下さい♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする