ジャムの保存はタッパーでもいいの?保存方法や注意点は?

手作りジャムの瓶

自宅にたくさんフルーツがあるけれど食べきれない時は、手作りジャムを作ると腐らせることなく使い切ることができます。手作りジャムを作ったことがない場合は難しそうに感じるかもしれませんが、作り方も材料もとてもシンプルです。基本的に鍋とフルーツ、砂糖さえあれば作ることができますのでぜひいろいろなフルーツで試してみましょう。

スポンサーリンク

手作りジャムの保存方法は?

手作りジャムの保存

手作りをした時に気になることの一つが保存方法についてです。長期保存をする際はを使用することをおすすめします。ジャムを瓶に詰める前に瓶と蓋を煮沸消毒するのですが、詰める際に使用するスプーンも一緒に煮沸しておくと良いでしょう。しっかりと乾かした瓶にジャムを詰めてから常温で冷まします。冷めたら冷蔵庫で保存しますが、約1週間ほどで使い切るようにしましょう。

もっと長期的に保存をしたい場合は瓶に入ったまま冷凍保存をするのが便利です。冷凍なら1年程度持つので小さめの瓶に小分けして保存するのも良いかもしれません。

タッパーで保存してもいいの?

タッパー 保存

瓶以外で保存したい場合はタッパーを使用することも可能です。ただし、気を付けなければいけないのはタッパーのようにプラスチック製の容器の場合、容器の内側の傷ついた部分に細菌がついている事も考えられます。そのため、タッパーを利用する場合は丁寧に洗浄を行った後にしっかり乾かしてから使用して下さい。保存後は必ず冷蔵庫で管理して早めに食べきって下さい。

タッパーの細菌が不安ならジッパー付きのビニール袋で保存する方法もあります。ジャムをビニールに入れてからビニール内の空気をしっかりと抜いて冷蔵庫で保管します。こちらも早めに食べきってほしいですが、タッパーよりも衛生面でも安全ですし、使用後のビニールは捨てるだけなので簡単です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする