栗原はるみ流!梅ジャムの作り方やレシピはここ

栗原はるみ 梅ジャム

テレビや雑誌で優しい雰囲気で自宅で簡単にできる料理を数々紹介している栗原はるみさん。

その紹介する料理の数々でも特に主婦層が参考にしているのが保存食を作るときです。保存食は肉や野菜が一般ですが、それ以外にも果物を使った保存食も多く紹介されています。

その果物を使った保存食の中で、夏にお勧めなのが夏に最盛期を迎える果実梅を使った梅ジャムです。ここでは、効果や作り方、レシピをご紹介していきますね♪

スポンサーリンク

梅ジャムの効能や効果について

梅ジャムの効能

梅ジャムはただ美味しいだけじゃない?!実は梅ジャムは体にもとってもいいんですよ♪

梅ジャムが持つ効能・効果をご紹介していきます。

①免疫力のUP
梅エキスは免疫力を高める効果があります。インフルエンザ菌の活性を抑えてくれるという報告もありますよ。風邪を引きやすい時期には梅を食べるといいですね。
②殺菌効果
梅エキスは殺菌効果があります。よくお弁当に梅干を入れると傷みにくいといいますが、実は体内でも殺菌作用を発揮するんだそうです。

例えば胃がんの原因とも言われるピロリ菌やMRSAといった菌もやっつけてくれるんですよ。

③肝機能の保護や強化
梅エキスは肝臓の脂肪沈着を防ぐ効果があります。また肝臓を保護し、強くしてくれるのだとか。
④活性酸素の抑制
坑酸化作用が高い「ムメフラール」や「梅リグナン」というものが含まれていて、これらには活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素が体内で増えると体の不調に繋がり生活習慣病を引き起こすなどの原因になります。

⑤血流の改善
クエン酸やムメフラールといった成分が血流を良くしてくれるんですよ。ムメフラールという成分は赤血球が流れやすくなるよう赤血球の変形を予防します。

血流が良くなることで冷え性が緩和されたり、新陳代謝を促すといった効果が期待出来ます。また血管が詰まることで起こる動脈硬化の予防にも繋がります。

⑥美肌効果
クエン酸によって唾液がたくさん出ますが、これがとってもいいんですよ。若返りホルモンが分泌されてアンチエイジングになるんだそうです。

活性酸素も消してくれるので女性にはとっても嬉しいですね。活性酸素が消えればくすみやシミの防止にもなりますよ。

他にもむくみの解消や老化防止にも効果的です。

梅ジャムの作り方は?

梅ジャムの材料

梅ジャムの作り方はこちら♪

  1. 完熟した梅を洗い、1時間以上つけて柔らかくします。
  2. 水から茹でて沸騰したら灰汁が出るので、取り除きながら柔らかくなるまで煮ます。
  3. 柔らかくなったら果肉と種を分けて、梅の果肉だけを鍋に戻します。
  4. 梅の分量の60%の砂糖を加え火にかけます。
  5. 砂糖が溶けて沸騰するまで、焦げ付かないようにしっかり混ぜながら果肉をつぶします。
  6. 果肉が完全につぶれ砂糖も溶け切ったら、弱火にして一つまみの塩を入れてとろみがつくまで煮詰めて出来上がりです。

梅ジャムを保存するときには、保存する便を熱湯で「煮沸殺菌」、もしくはアルコールを使って「アルコール殺菌」をした後に詰め込むと1ヶ月は保存が利きます

スポンサーリンク

梅ジャムのアレンジレシピを紹介

栗原はるみさん流で作った梅ジャムは、酸味と甘みのバランスが良いので同じ酸味の強いヨーグルトと合わせると夏にお勧めのデザートとなります。

そして梅ジャムを炭酸と焼酎などで割れば梅サワーとなり、炭酸だけで割っても梅ジュースになるなど幅広い活用が可能です。

それ以外にも梅ジャムをうまく活用すると、お肉やお魚を調理する時の隠し味にすると臭み消しになるのでよりおいしく食べることができます。

梅ジャムをいろんな料理に使っちゃいましょう♪

★梅ジャムケーキ★

梅ジャムケーキ

【材料】

  • 小麦粉 1カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 砂糖 1/2カップ
  • 梅ジャム 1カップ
  • 卵 2個
  • サラダ油 大さじ4

【作り方】

  1. 粉類はふるっておくこと。
  2. 粉類に砂糖と卵、サラダ油を入れて混ぜる。梅ジャムを加えて軽く混ぜ合わせる。
  3. オーブンは180度に予熱しておく。
  4. 出来上がった生地は型もしくは紙コップに入れる。軽くバターなどを塗っておくと取り出しやすいですよ。
  5. 180度のオーブンで40~45分焼く。様子を見ながら時間は調整してください。焼き上がりは竹串を刺して何も付いてこなければOK!
  6. 型から出して荒熱を取れば完成です。

★梅ジャムで鶏の照り焼き★

梅ジャムで鶏の照り焼き

【材料】
・もも肉 300g
・塩コショウ 適量
・片栗粉 適量
《A》
酒 大さじ3
みりん 大さじ3
醤油 大さじ1+½
梅ジャム 小さじ2

【作り方】

  1. 鶏もも肉にフォークで皮目に穴を数箇所開けて、片栗粉を軽くまぶしておく。
  2. 《A》を混ぜ合わせておく。
  3. フライパンに薄く油を引き、皮目から鶏肉を焼いていく。余分な油はキッチンペーパーでふき取ります。
  4. 鶏肉に火が通れば《A》を入れて軽く煮詰めて完成です。

★万能!梅ジャムソース★

梅ジャムソース

【材料】

  • 梅ジャム 大さじ1
  • 酢 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 水 大さじ2
  • 醤油 大さじ1

【作り方・使い方】
材料を全て混ぜ合わせるだけ!みりんにアルコールが含まれるので、気になる方は火にかけて軽く沸騰させてください。ポークソテーやチキンソテーのソースにぴったりですよ。

ドレッシングのように使っても美味しく頂けます。

美味しい梅が手に入ったときには、ぜひ栗原はるみ流の梅ジャムの作り方を参考にして、夏バテで疲労がたまった体を回復させてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする