簡単なレモンジャムの作り方を紹介!アレンジレシピも必見♪

レモンジャムの作り方

体に良い効果がたくさんあるレモンですが、酸っぱいので食べにくいですよね。そんな時にオススメなのが【レモンジャム】です!作り方も簡単なので是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

簡単なレモンジャムの作り方は?

⇒ 作り方を動画で確認!

簡単なレモンジャムの作り方ですが、材料はレモン5個にお砂糖270gですが、レモンの皮と実の重量と同量を用意しました。レモンをたわしで擦って洗い、ピーラーを使って皮を薄く剥きます。無理に剥かないで白い部分があまりついてこないようにし、なるべく細かくせん切りにします。細切りにした皮は水に漬けて2~3回水を替え、水が透明になっていればOKです。

レモンのワタを剥いて薄皮に沿ってナイフを入れてひと房ずつ果肉を取りだし、種を取って実だけをボウルに入れます。薄皮と種はペクチンが豊富なので一緒に煮る為に取っておきます。鍋に実と皮を入れて砂糖や薄皮、種を入れて強火で煮て、煮立ったら悪を取り、煮立ってから10分加熱します。残り1~2分になったら薄皮と種を取り出します。熱いうちに煮沸した瓶に入れて完成ですが、最初はさらっとしていますが冷めるとドロッとします。


レモンジャムのアレンジレシピを紹介

レモンジャムの食べ方

アレンジレシピですが、加熱してサラサラさせた状態でマフィンの上に刷毛で塗るとおいしいです。ヨーグルトにかけたり、パンに塗るのはもちろん美味しいです。はちみつと熱湯と合わせてホットレモンにすると風邪引きさんにもピッタリの冬メニューになりますよ♪ぜひ召し上がってみてくださいね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加