キウイジャムの作り方!! 色よく煮るコツや保存方法はこれ!

キウイジャムの作り方

キウイを育てている人や沢山キウイがあって困ってしまったという時は、キウイジャムを作っておくと長期間楽しむことが出来るのでオススメです♪

ここではキウイジャムの作り方や保存方法をご紹介! 作り方や保存方法も難しいものではないので、まだ作ったことがないという人でも安心して挑戦出来ますよ。

スポンサーリンク

キウイジャムの作り方は?

キウイジャムの作り方はこちら!

キウイジャム

①キウイの皮を剥いていきます。この時に皮に生えている毛が混じらないように注意が必要です。

②皮を剥いたら刻んでいくのですが、果肉の形を残しておきたければ粗めにしたり完全に細かくしてしまったり、好みの形にしていけばい良いです。

③お砂糖と混ぜるとき、砂糖の量を多くすれば保存はききやすくなります。砂糖は1回で入れるのではなく複数回に分けて入れるというのが基本になります。

④酸味を強くしたいのであれば、このタイミングで【レモン汁】を入れてください。

⑤酸に強い鍋や電子レンジでとろみがつくまで加熱していきます。

ジャムっぽいとろみがつけば、キウイジャムの完成です☆


色よく煮るコツについて

キウイジャム

キウイジャムを色よく煮るコツは、『アク』の対策です!!アクなどが出てきた場合は取り除いていくと仕上がりの色が綺麗になります。

また、ジャムは熱い時はとろみが少なく感じても、冷めるととろみが強くなるのでそれを計算に入れて煮詰めることが大切です。煮詰まったらキウイジャムの完成で、作り方としては非常に簡単と言えます。

キウイジャムの保存方法は?

ジャムの保存方法

少量などで2週間ほどですぐに使いきってしまうというのであれば、保存方法は冷蔵庫に入れておくだけで大丈夫です。

長期保存する場合の保存方法ですが、瓶をしっかりと消毒してジャムを入れてから熱い内にお湯で煮沸して真空状態にして保存すれば1年ほど持ちますよ。ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加