ヤマモモジャムの作り方!! 固まらない時はどうする?

ヤマモモジャム

自分で手作りすればヤマモモジャムなど、なかなか市販されていないジャムも作って食べられるようになります。

ここでは、ヤマモモジャムの作り方や固まらない時の対処法をご紹介します♪

スポンサーリンク

ヤマモモジャムの作り方は?

ヤマモモジャム

ヤマモモジャムの作り方についてですが、基本的にはイチゴであったりブルーベリー、キウイなどのジャムと同じです。

ただし、ヤマモモの作り方で注意しなければならない点は、しっかりと洗うということです。ツブツブした形をしているので、そこに土やゴミが多くついてしまっているのでよく洗わないといけません。

ヤマモモジャム

沸騰した鍋にヤマモモを入れて焦げないように煮ていき、柔らかくなったら裏ごしして果肉ペーストを加熱し、砂糖を追加します。焦げやすくなってしまうので砂糖は複数回に分けて入れたほうが良いでしょう。

煮詰め具合ですが、しゃもじなどですくった時にもったりとした感じがあるくらいがオススメです。

ジャムが固まらない時はどうする?

ヤマモモジャム

ヤマモモジャムが固まらない場合は、もう少し煮詰めると良いですし、固まらない場合でも意外と冷めるととろみは増します。どうしても固まらないという時は、砂糖の量を見直してみましょう。糖分がヤマモモと合わせて40%以上ないと固まりにくいです。

また、酸も1%以上必要になってくるので【レモン汁】を入れるなどすると固まりやすくなります。

ヤマモモジャムの保存方法について

ヤマモモジャム

また、ジャムの保存には注意が必要です。しっかりと煮沸消毒して、長期保存する場合には真空にして保存する必要があります。そうすれば1年程度は日持ちしますので安心です。

また使用してしまったジャムは2週間以内に食べきったほうが無難ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする