イチゴジャムの保存方法や期間は? 日持ちはいつまで?

イチゴジャムの保存方法

いちごジャムを長持ちさせるための保存方法ですが、カビを生えさせないことが重要になります。カビさえ生えなければ、味は変わってしまいますが、1年以上保存が可能です。

後半では、レンジを使ったイチゴジャムの作り方や保存方法についてご紹介していきますね!

スポンサーリンク

レンジを使ったイチゴジャムの作り方は?

レンジ イチゴジャム

いちご狩りや頂き物でたくさん苺をもらってダメにしてしまったことってありますよね。苺の保存はドライフルーツにする方法などがありますが、誰でも簡単に保存ができるのは、やはりジャムです。ジャムは時間がかかって大変そうと思う方も多いですが、レンジで簡単にイチゴジャムができます。その作り方を紹介します♩

<レシピ>
◆必要な道具
・1.5リットル入る耐熱容器
・スケール
・ゴムべら(なければ杓子でも可)
・保存容器
・消毒用のボウル
・トング

◆食材
・いちご250g(冷凍のイチゴも可)
・グラニュー糖100g(上白糖も可)
・レモン果汁またはペクチン大さじ1弱
※レモン果汁とペクチンは無くても大丈夫です。

◆作り方
① 保存容器の消毒をします。ボウルに保存容器とふたを入れて、上から熱湯をまんべんなくかけます。すべて熱湯をひたひたにするのは難しいので、トングで向きを変えて全体が熱湯に浸るようにします。やけどに注意です。

② きれいな布巾の上にトングで取り出して乾かします。

③ イチゴの処理をします、へたや痛んだ部分を取り除き、イチゴ全体に砂糖をまぶします。マッシャーやヘラ、杓子で少し潰すとジャムにしやすくなります。ごろごろ感を残したい方は控えめに。

④ レモン汁を加えて、ラップやふたをしないで550w6分加熱します。加熱時間はレンジの性質によって違ってきますので、加減をしてみてください。ぶくぶくしている状態が良いです。容器は、規定以下のものにしてしまうとあふれ出てしまい。レンジが大変なことになってしまいます。

⑤ 灰汁を取ります。白っぽい泡が出てきますのでそれを取り除きます。完全に取らなくても大丈夫ですが、取ると仕上がりがきれいです。

⑥ 何度か550w6分の加熱をします。ヘラで何度か混ぜて固めのピューレ状にします。
好みの粒の大きさに潰しましょう。

⑦ ジャムが良い状態になったら、白っぽい灰汁が容器の周りについているのでヘラで取ると良いです。

⑧ 熱いうちに瓶に詰めて蓋をします。瓶は熱いのでやけどに注意です。


最後に使うヘラなども熱湯消毒をしておくと、ビン詰めの時に無菌状態が保てます。

イチゴジャムが固まらない時はどうする?

ジャムが固まらない

イチゴジャムが固まっているのは、ペクチンかレモン汁に含まれるペクチンの作用です。ペクチンは規定の条件に満たないと固まりません。糖度が65%以上であり、phが3.3以下(レモン汁ph2.5~3.0)でなくてはなりません。なので、ある程度の糖度が必要になります。

ただ、手作りならば甘さを控えめにしたいですよね。そのような場合は、ゼラチンを使用することをおすすめします。保存期間などが砂糖だけのものとは違ってきますので、早めに食べた方が良いでしょう。

また、リンゴの紅玉を使用すると良いです。リンゴの芯はペクチンが多いところです。リンゴを水と砂糖で煮詰めてコンポートのようにして出てきた水分をとろとろくらいに煮詰めるとペクチンの抽出ができます。

イチゴジャムの保存方法や期間は?

イチゴジャム 長期保存

イチゴジャムに限らず、糖度が高いと保存期間が長くなります。糖度が50%以上あれば1年以上持つようですが、手作りは保存添加物が不使用になりますので、早めに食べるに越したことはありません。イチゴジャムの保存方法として、まず、【砂糖の分量】が大切です。

長期保存するためのポイント

砂糖は、いちごの量に対して半分以上の分量を入れます、砂糖の量が少ないとカビが発生しやすく、腐りやすくなります。作ったジャムは瓶につめますが、この中でカビを発生させないことが長持ちするコツになるので、十分に殺菌する必要があります。

沸騰したお湯の中に瓶を入れて、煮沸消毒をします。消毒したら逆さにおいて、しっかり水分をとり乾かします。この時に、布巾やキッチンペーパーなどで拭いてしまうと菌が入りやすくなるので、自然に乾燥させるのが良いです。

乾いた瓶にいちごジャムを詰めたら、瓶を逆さにしてしばらく置きます。蓋にいちごジャムを行きわたらせることで、腐りにくくなります。

最後に瓶の2/3を冷水につけて冷ますと、保存方法は完了です。保存期間としては、冷蔵保存で1年くらいもちます。

一度開けたものは、なるべく早く使い切るほうが良いです。濡れたスプーンや汚れたものを入れてしまうと、腐ったりカビが生えやすくなるので、使うとこはきれいな物で使うことも大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加