ブラックベリージャムの作り方やレシピ♪ 種はどうする?

ブラックベリージャム
ラズベリーの仲間であるブラックベリー。コロンとした果実がとっても可愛いですよね♪

ブラックベリーはアメリカなどから通年輸入されているため 常に出回っていますが、7~8月頃が収穫時期なのをご存知ですか?美味しく食べて様々な生活習慣病や、老化予防に役立つのでスーパーフードといえるかもしれません♩

ここでは、ブラックベリージャムの作り方やレシピなどをご紹介しています。

スポンサーリンク

ブラックベリーの栄養素は?

ブラックベリーの栄養素
甘酸っぱいブラックベリーには「クエン酸」が豊富に含まれています。「クエン酸」には血流の流れを良くし、血液をサラサラにする効果があるため新陳代謝がUP!代謝バランスが整うことで、疲労回復にも役立ちます!

また、ブラックベリーには「アントシアニン」と呼ばれる成分も豊富に含まれているため、パソコン作業やスマホをよく使う現代人に多い眼精疲労の改善にも効果的!白内障や緑内障といった目の病気の予防にも役立つので、毎日の食事にプラスしてみましょう!

女性に嬉しい効能や効果は?

ブラックベリーには女性にとって嬉しい効能や効果が沢山あります!嬉しい効果を知ると、毎日の食事に取り入れてみたくなるかもしれませんね!

■ダイエット・便秘改善

便秘解消
あまり知られていないかもしれませんが、実はブラックベリーの食物繊維の多さは果物の中でもトップレベル!食物繊維を豊富に含んでいるので、女性の方が多く悩む便秘もスルリと解消してくれますよ!便秘が治ればダイエット効果にも繋がるので嬉しいことばかりですね!

■美肌効果

美肌効果
ブラックベリーには、肌の漂白剤とも呼ばれる「エラグ酸」や、肌荒れ予防や潤い効果を発揮する「ビタミンC」が多く含まれているためメラニンの沈着を防ぎ、美白効果に期待が出来ます。また、「タンニン」と呼ばれる成分は毛穴を小さくし目立たなくしてくれるので、毛穴にお悩みの女性にはオススメです!

■冷え性改善

冷え性改善
血行促進効果がある「ビタミンE」が含まれているので、手足の冷えや肩こりに悩む女性に特にオススメです。毎日食べることで効果を発揮するので、ジャムにしてパンに塗ったり、ヨーグルトの中に入れたりして、朝食に取り入れてみましょう!

ブラックベリージャムの作り方は?

ブラックベリージャムの作り方はこちら♪

ブラックベリージャムの作り方
  1. ブラックベリーの実を流水で洗ってザルにあげ、水気を切ります。
  2. ブラックベリーを鍋に入れ、砂糖をかけてしばらく置いておきます。日持ち重視の場合は、実と同量くらいの砂糖を入れてください。
  3. しばらくするとブラックベリーの果汁が出てくるので、そこで、鍋を火にかけます。
  4. 果汁を強火で煮詰めていきます。焦げ付かないように、かき混ぜてくださいね。
  5. 丁寧にアクをとりながら、煮詰めていきます。
  6. かき混ぜながら、お好みの固さになるまで煮詰めたら、レモン汁を少量プラスして出来上がり♪
煮沸消毒した瓶にジャムを入れてフタをしたら、さらに煮沸消毒してください。すぐに使い切る場合は、ジャムの煮沸消毒はしなくてもOKです☆

レシピや人気の食べ方はこれ♪

ジャムのレシピ
ブラックベリージャムもほかのジャム同様にパンやクラッカーなどに塗って食べるほか、ケーキやヨーグルト・アイスなどのソースとしてもオススメ♪

チーズケーキやミルクゼリーの表面にブラックベリージャムをのせ、その上にブラックベリーの実をのせるとオシャレ度もUPしますよ!!いつものスイーツも簡単に格上げできちゃいます♡

また、ブラックベリージャムを水や炭酸水で割ると、ジュースとしても楽しめます♪ぜひ試してみてくださいね!

ブラックベリーの種はどうする?

ブラックベリーの種
ブラックベリージャムを作るときに「種が気になる」という方もいらっしゃるかもしれませんね。そんなときは、ジャムが出来上がったあとにガーゼなどで濾すと良いでしょう。もしくは、ジャムを作る前にブラックベリーの実をガーゼやザルなどに入れて、果汁を絞るという方法もあります。

ブラックベリーの種にはペクチンが豊富に含まれており、コレステロール値や血糖値の低下、便秘や下痢の解消といった効果が期待できるため、種の食感も楽しんでみてはいかがでしょうか♪人気のブラックベリージャム、ぜひ自宅で作ってみてくださいね♡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加