ジャムのカビを食べたときの対処法は? 予防方法も!!

ジャム カビ

ジャムはパンにつけたり、ケーキ作りに役立てたりと様々な場面で役立ってくれる食品で、長期に保管できるようにはなっています。

そして、長期に使っているうちにはカビが発生してしまうこともあり、気づかずに食べてしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

ジャムのカビを食べたときの対処法は

ジャム カビ

ジャムのカビを食べてしまったときの対処法も知っておきたいですが、まずジャムなどに生えるカビは食べても問題のないものも多いとされています。

それゆえに大量に食べたりしない限りはそれほど心配はいらないと言えますが、カビの生えてしまったものは、やはりそのまま食べ続けることは望ましくありませんので、以降は食べないようにしましょう。

ジャムのカビの対処法は?

ジャム カビ

ジャムのカビの対処法としては、常温で保存しているとカビが発生しやすいので、保管するときは温度が低く保てる冷蔵庫に入れておくことがおすすめです。

すくうときは、スプーンなどを使うことが多いですが、この場合もパンくずがついたりする事は避け、清潔なスプーンを利用するようにしましょう。

そしてあまりに長期に利用せず、開封後はできるだけ早く食べるようにしましょう。蓋を開けっ放しにすることもカビの胞子が入りやすくなりますので、蓋はこまめに閉めるようにすることも大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加