【手作りジャム】ペクチンの役割・効果・効能は?

手作りジャム

ペクチンとは、ジャムの原料となる果物や野菜に多く含まれる多糖類のことであり、水溶性食物繊維にも分類されます。ジャムにとろみがつくのもペクチンの効果によるものですが、注目すべき健康効果も秘めています。

スポンサーリンク

ペクチンの役割や効果効能は?

手作りジャム

ペクチンの代表的な効能として、血糖値の上昇を抑える効果があります。

食事中にジャムからペクチンを吸収すると、糖質が腸へ送られる時間を遅らせる効果を引き出します。この効能のおかげで、食後の血糖値の急上昇を抑制できます。

さらに、脂肪の吸収を抑制する働きもありますから、肥満対策としてジャムを利用することも理にかなっています。

ペクチンは生活習慣病にも効果的

手作りジャム

リンゴやトマトのジャムを作るときには、ペクチンが多い皮の部分も無駄なく使うことが大切です。トマトは湯むきして使うこともありますが、とろみをつけるためにも残しておくことが大切です。

ペクチンを継続して摂取することで、血中のコレステロール値を下げる効果もあります。

手作りジャム

高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を予防するためにも有効ですから、体調を崩しやすい現代人にも欠かせない成分です。季節の果物や野菜を使ってジャムを作って食べれば、万能的な効能によって病気を予防できます。

ペクチンの不足を防ぎながら、規則正しい生活習慣を維持することで、長生きのためにもなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする