リンゴジャムの作り方♪ 簡単で美味しいレシピはこれ!

リンゴジャム

リンゴなどが余ってしまった場合には、リンゴジャムにして保存しておくと便利です。

リンゴジャムは誰にでも簡単に作ることができ、レシピにおいても家庭内にあるものを利用できます。簡単で美味しいレシピや作り方は後半で!

スポンサーリンク

リンゴジャムの簡単で美味しいレシピは?

リンゴジャムの簡単で美味しいレシピはコチラ♪

リンゴジャム

【材料】
230ml瓶で約2本分の分量は、

・リンゴ正味550g
・水80~100cc程度(これはリンゴの約17%にあたります)
・レモン汁大さじ2
・砂糖160g です!

リンゴジャムの作り方は?

リンゴジャム

リンゴジャムの作り方は、まず、リンゴの皮を良く洗い、赤くて綺麗な部分を使うようにします。

次にリンゴを薄いいちょう切りにし、塩水につけて変色しないようにしますが、この場合、皮と身は別の塩水につけておくようにします。

そして、水を切ったリンゴ、レモン汁、お茶パック入れた皮、水を鍋に入れ、蓋をして中火で煮ます。

次に、あくが出てきたらすくうようにし、リンゴが半透明になり柔らかくなってきたら砂糖を1/2加え、さらに煮詰めていきます。その場合に、一緒にいれた皮の色が出切ったら軽く絞ってパックを取りだします。

その後、残りの砂糖を加え、木杓子でりんごをつぶしながらとろみがつくまで煮詰めて完成となります。

リンゴジャムの作り方のコツは?

リンゴジャム

リンゴジャムの作り方のコツとしては、煮詰める時間は量によっても違ってくるために、様子を見ながら加減をすることです。また、砂糖が少なすぎると保存性が低くなるので、ある程度の砂糖は必要になるということです。

瓶詰めに関しては空気が入らないように気を付けましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加