ファッション

ファッションも温故知新!!

テレビで「何十年も前の物ですけどね、売れるものですね・・・」と言っていた店主がいらっしゃいました。私は、今の時代、ブランド物はたしかに根強い人気がありますが、その一方で、アメリカンカジュアルや、古着を駆使するファッションなど、その人の個性も生きるファッションも負けてはいないと思っています。

地域性、また、俳優さんたちの影響もあるかもしれませんが、『いろいろなスタイルを楽しめるのが今の時代』だということです。影響を受けず、独自路線でいっている人もいます。繁華街で何が楽しみだといって、道行く人、すれ違う人のファッションを見ることで、たとえそれが自分とははるかに異なっていても、それをアートとして感覚的にとらえることのできるものがあるのは大きな収穫です。

『日本人は無限の可能性がある!!』と言った人が居ますが、デザイン力も発想も新しい物を生み出せる感性も豊かであるが故のファッション、古いものと新しい物との融合、古い物を新しい感覚で身につけるファッション性は見事なものです。

スリーブファッション

今年大流行のファッションアイテム『スリーブ』について

夏のセールも一段落、ショップにはそろそろ秋物も並び始めています。とはいえ、猛暑の真っ最中で、街行くファッションは今夏の流行の総決算という感じです。トップスで人気なのは、何と言ってもドルマンスリーブ・フレンチスリーブでしょう。切り替えのない袖は、ゆったりとしたシルエットで手軽にモード感が演出できます。ボトムスは昨夏のものでも、トップスに今年のスリーブを取り入れれば、何となく今風な感じになるので便利です。もう1つ、トップスの流行を挙げれば、昨シーズンからの流れでレース(透かし模様)を多く見かけます。全面レースのものから、部分的に取り入れたものまで、街を歩けばレースに当たるといっても過言ではありません。難点は、洗濯するとレースがしわになってしまい、アイロンがけで直すのも一苦労なところです。もともと繊細な素材なので、長く着られるものを選ぶよりも、流行アイテムと割り切って、デザイン重視でお手頃価格のものを買うのもアリかも。この2つは今夏の鉄板トップスだったな~と振り返りつつ、秋ファッションに気分が向きつつあるこの頃です。

ヴィジュアル系ファッション

夏のヴィジュアル系ファッションについて

梅雨明けを目前に控え暑い日が続き、そろそろ本格的な夏がやってきます。男性のファッションも薄手の格好が増えてまいりました。しかし、一つ気になることがありました。それは『ヴィジュアル系ファッション』のコーデについてです。ヴィジュアル系といえば、黒を基調としたシャツとパンツで、シルバーのアクセサリーをじゃらじゃらつけているイメージをもっていました。しかし、ヴィジュアル系のファッション公式サイトを見ていると、今は膝上丈のパンツが登場しているようです!!私は大の大人が素足を丸出しにして街中を歩くことに否定的でしたが、尋常ではない暑さの昨今ならば、致し方のないこととも思っています。
>>【【V系】ヴィジュアル系ファッション公式】はココ<<
ところが、何がどうなってこうなったのか存じませんが、すね毛を綺麗に剃りツルツルの「美脚」を出して闊歩する男性が現れ始めたのです。確かに、ヴィジュアル系はお人形のようなイメージがあるので「すね毛」は似つかわしくないですし、モジャモジャのすね毛も見ていて気分のいいものではありません。ですが、まるで女性モデルのように綺麗に手入れをするというのも不気味です。何も「男らしさ」ですとか「軟弱」だとか、そういったことではありません。他人の趣味に口を出すつもりは毛頭ありませんし、本人が満足ならそれでいいと思います。私の価値観が古いだけなのでしょう。しかし、そこまでしてヴィジュアル系ファッション公式で販売されているような半ズボンを履きたいのでしょうか。魅力的なアイテムなのでしょうが、私には不思議でなりません。

美スタイル

隠すファッションはさらに太る!

ファストファッションの台頭によって、誰もがそれなりの格好をしている昨今ですが、それゆえ、個性がないというか、みんな何となく似たり寄ったりな感じがします。特にある年代以上の女性や太めの女性になると、おなかやおしり周りをチュニックなどで隠し、その下はゴム素材のパンツ・・・という楽だけどそれなりには見える、というファッションが発明されてから、ほぼみんながそういう格好をするようになってしまっています。しかしやはり、出産や育児などで体型が戻らない女性たちにとって、この隠すファッションは救世主であることは言うまでもなく、ついついそれに頼ってしまうのです。でも、いい加減そればかりではダメだ・・。ということにも、気づくのです。隠してばかりいては、太めでもいいという甘えにつながるのではないか。ラインを意識しなければ、やせることにはつながりません。

ある時期仕事の都合でジャージばかりはいていたら下半身が太ってしまった経験をもつわたしには、ファッションの意識がいかに体型を左右するかを身にしみて知っています。怖がらずにラインを見せる勇気が必要なのです。

ミニスカートがオススメ

男性から注目されるレディースファッションとは?

みなさんこんばんわ。みなさんはどのような洋服やファッションをこのんでいるでしょうか?特に私はいろんな服に興味がありますが特にはやっぱり男受けのいい服をきてしましますよね。よく洋服やファッションは個性と言われますがいろんな考え方があると私は思います。特にかっこよく着こなしたいようなファッションや自分をスタイルよくみせたいような服装やまたセクシーにきめたいなどの服装など多種多様ですよね。私はできるだけ男の人の目に留まるようなファッションを心がけてかっこよくよりもセクシーが前提ですよね。特に夏場はマイクロミニスカートを愛用しています生足でヒールで高めの14センチ以上のラメ入りのセクシーサンダルをはきます。上のTシャツは胸の谷間の強調したようなものをえらんでいます。冬場はマイクロミニスカートに網タイツをはいてニーハイブーツを着用しますよね。やはり男の人にみられたいんですよね。これもファッションの大切な点だと私は思っています。

白パンツとスニーカーを合わせたコーデ

一昔前のあのファッションが再び脚光を浴びています

今年の流行は白いパンツにスニーカーとゆう、一昔前のファッションがまた脚光を浴びてるみたいですね。白パンスニーカーと聞くと、80年~90年頃のトレンディドラマを思い浮かべちゃいますからもう20年くらい前になるんだと思います。その当時は流行はしていましたが、現在の若者とは体型が違ってましたから白いパンツを履くと凄く太って見えたのを覚えてますね。現在はみんな足が長くなっていますし白いパンツのシルエットも昔とはまるで違うスリムでカッコイイパンツになってます。スニーカーも野暮ったいものが減り、クールな感じのものや可愛いものが増えました。ただ今年のスニーカーの流行は復刻版が人気みたいですので、現代の時代にあったシャープな感じの白いパンツと、一昔前のデザインのスニーカーを合わせるとゆうミスマッチが逆にかっこよく見えるのかもしれませんね。僕が今年欲しいスニーカーはオニツカタイガーのエクスカリバーですね。オニツカは今のアシックスのことなんですが、今回発売してるエクスかリバーは1982年のランニングシューズが元になっていて、非常にレトロ感溢れるデザインなんです。レッドやブルーがとにかくかっこいいので白いパンツに合わせたら最高にマッチすると僕は思います。

フォーマルシャツ

フォーマルシャツで日本の男性をもっともっと素敵に!

20~30代男性ならでは!日本の男性にも是非とももっと取り入れていただきたい!と、熱く思ってしまうアイテムがあります。それは『ダークカラーのフォーマルシャツ』です!私(アラサ―、女性)はヨーロッパのミステリードラマが好きで良く見るのですが、刑事役ほか若めの男性の登場人物が着こなす黒・濃いグレー・紺・濃い茶・渋いグリーンといった色調のフォーマルシャツは、彼らを颯爽と粋に見せます。贅肉なく引き締まった若い男性ならではの体型を、ことさら誇示するでもなく暗色にクールに包み、美しいシルエットを印象付けてくれます。そう、ダークカラーはシャープに見せる効果がありますから、体型に自信のない男性でも着こなせばご自分のものにすることが出来ると思うのです。また、白いシャツを着用する方が圧倒的に多い日本の男性の中では、お洒落な、また知的な印象を与えると思います。この手のシャツは、バーバリーブラックレーベルに多く出ています。(季節により色味は変わると思いますが)こちらでは、やはり本場ものという感じの、発色もシルエットも大変美しいものが作られています。ボタン、小物、ネクタイなども素敵です。さすが、紳士の伝統の国英国ですね。バーバリーの店員さんに伺ったところ、バーバリーの方は年配男性を念頭にパステルカラーのシャツが多いが、ブラックレーベルの方は若い男性をターゲットにしているためダークカラーのシャツを展開しているとのことでした。やはり、30代以下の世代の方に似合うデザインということですね!

ビーチサンダル

夏といったらビーチサンダルがオススメ

梅雨が明けた後に待っているのが「夏」ですよね。もう少しジメジメした日が続きそうな感じですが、それが終わればようやく夏本番といったところでしょうか。夏になると必要なファッションアイテムはたくさんありますが、なんといっても1番活躍しそうなのが「ビーチサンダル」ですよね。特に海や川へ遊びに行く予定の人にはピッタリのアイテムです。ビーチサンダルのいいところは、そのまま水に浸かっても大丈夫なところです。普通のサンダルだと濡れたら乾かさなければいけませんが、ビーチサンダルだったら気兼ねなく水に入ることが可能です。ビーチサンダルは色んなブランドから販売されていますが、個人的にオススメなのがハワイアナスです。ビーチサンダルでは定番ブランドなので知っている方もたくさんいるかもしれません。ハワイアナスのいいところは、なんといっても値段が安いことです。2000円前後から購入することができるので、これだったら毎年新しいものを購入して楽しむこともできますよね。デザインも豊富なので、自分に合うものが見つかりやすいと思います。